映画「バービー」で話題のマーゴットロビーの旦那はどんな人?子供はいるの?

ハリウッド

マーゴットロビーさんは10年以上前から映画界でご活躍されていて、映画「スーサイド・スクワッド」や「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で彼女のことを知っている方も多いと思います。

そんな彼女ですが、映画「バービー」の公開を控えて さらに脚光を浴びています。
いままで数多くの映画に出演されてきて、世界的に人気なマーゴットさんが9年前からトム・アッカリーさんと関係をもっていることはあまり知られていません。

これから大人気女優マーゴット・ロビーさんを公私ともに支えるパートナーであるトム・アッカリーさんについてご紹介したいと思います。

マーゴットロビーの旦那トム・アッカリーはハリーポッターに出演していた!?

マーゴットロビーさんの夫であるトム・アッカリーさんは映画「ハリーポッター」シリーズのいくつかの作品に出演されています。

彼はエキストラ役として、「ハリー・ポッターと賢者の石」、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」、 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」に登場しています。

三作目の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では、ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)がハグ リッドとの魔法生物学の授業中にバックビークと遭遇するシーンで、スリザリンの生徒役で出演されています。 マルフォイに見事に突き飛ばされちゃってます。(笑)

二人の出会いは?

マーゴット・ロビーさんとトム・アッカリーさんは、2013年にマーゴットさんが主演した映画「フランス組曲」の撮影現場で出会いました。

トムさんはこの映画の第三アシスタントディレクターとして働いていて、セリーヌ役として出演していたマーゴットさんと 映画の撮影が終わるまでの間、共に働き、親密な関係を築いていきました。

その後、マーゴットさんはトムさんを含む同僚たちに共同生活を提案し、彼らはロンドンの クラパムで賃貸契約を結び、一緒に暮らすことになります。そこでさらに二人は関係を深めることになります。

彼女は「同僚と一緒に生活をするのはあまり一般的ではないかもしれないけど、スタッフと非常に仲が良くそれが最善の選択に思えた」と語っています。 二人が実際に交際を始めたのは、この翌年だそうです。

         ※ロンドン・クラパム

マーゴットさんは、友達として長い間トムと付き合っていましたが、 恋愛感情が芽生えたのは予想外だったと回顧しています。

かつては恋愛には興味がなかったと言い、「 私たちは長い間友達でした。私は彼にいつも恋をしていましたが、 『 ああ、彼は絶対に私を好きにはならないわ。変なことをしないで、マーゴット。 彼に好きな気持ちを伝えないで 』と思っていた 」と語っています。

マーゴットさんとトムさんは2016年12月18日にオーストラリア・バイロンベイのコーラベル地区にある私有地で結婚式を挙げました。

二人は式を極秘で行いたかったため、招待客のスマホやカメラを預かったりするなど工夫したようですようです。

         ※薬指に指輪を嵌めたマーゴット・ロビーさん

マーゴットさんは父親と絶縁状態にあると言われていて、式では、マーゴットさんの母親が介添え人を務めたのではないかと言われています。

彼女は自らを「究極の独身女性」と表現するほど恋愛にネガティブでしたが、 いざ結婚すると「結婚することは実際にはとても楽しくて 、生活がなんだかずっと楽しくなりました。夫の妻として責任を持って、 もっと良い人になりたいです。」と語っています。

マーゴット・ロビーとトム・アッカリーの間に子供はいるのか?

2023年現在、マーゴット・ロビーさんとトム・アッカリーさんの間に子供はいません。 マーゴットさんは過去に、将来的には大きな家族を持ちたいと考えていると公に語っていますが、 「現時点ではそうではない」とも述べています。

二人は結婚して以来、子供を持つ計画について公には語っていませんが、 将来的には家族を築くことに対して前向きな考えを持っています。

また、彼女は結婚発表時のほとんどのインタビューで「赤ちゃんは?いつ産むの?」と聞かれることについて腹が立つと言っています。 結婚したら子供を持つという固定概念を押し付けられたら腹が立って当然ですよね。

映画「バービー」に旦那のトム・アッカリーが参加

マーゴット・ロビーさんが主演を務める期待の最新作「バービー」のプロデューサーとしてトム・アッカリーさんが参加しています。

二人は友人とともにプロダクション会社「LuckyChap Entertainment」を立ち上げており、公私ともに素晴らしいコンビですね。 これからもふたりで支えあって、面白い作品を作り上げていくことを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました