気球の宇宙旅行を目指す天才発明家「岩谷圭介」のこれまでとこれから

経営者

情熱大陸やクレイジージャーニーで取り上げられたこともある気球で宇宙旅行を目指す天才発明家「岩谷圭介」。

彼の壮大な計画はどのようにして生まれたのでしょうか。
本記事では岩谷さんのこれまでの取り組みとこれからについてご紹介しています。

  • 名前:岩谷圭介(いわや けいすけ)
  • 生年月日:1986年4月 37歳
  • 出身地:福島県郡山市
  • 出身校:北海道大学工学部
  • 研究分野:風船宇宙撮影

天才発明家「岩谷圭介」のこれまで

福島県郡山市で生まれ、東京都で育った岩谷圭介さんは北海道大学工学部在学中に当時話題になった、風船にカメラを取り付け上空から撮影することに海外の学生が成功したという記事に影響を受け、風船で宇宙を撮影する活動を始めました。

活動を始めたはよいものの、当時ネットにその技術に関する情報が乏しく資金も少なかった岩谷さんは、100円ショップや百貨店にあるものを使って独力で自作をします。

当然、最初はうまくいかず失敗を繰り返しますが、11個目の機体でついに宇宙の撮影を成功させます。そして現在では3桁を超える撮影・回収に成功されています。

装置の回収率は驚異の100%だそうで、装置の重量も初期のころの何百倍の重さのものを飛ばすことができるようになったそうです。

気球宇宙旅行の安全性とツアー費用は?

気球で宇宙に行ける日が近いとなると、気になるのはその安全性と費用ですよね。

気球宇宙旅行の安全性

ロケットを使った宇宙飛行の死亡率は3%であり、これまでに550人中17名に宇宙飛行士の命が失われています。

100回中3回は死にますと言われたら、さすがに怖いですよね。

その点、気球宇宙旅行の場合なんと死亡率 0.001%以下だそうです。
ロケットの緊急時の脱出方法が一つなのに対して、気球の場合4つの脱出方法が用意されています。

また、岩谷圭介さんの岩屋技研は装置の回収率も世界一を自負しています。
飛べたはいいものの、落下時に回収してもらえなかったら元も子もありませんよね。

岩谷さんはこれまでに100回以上の打ち上げの実績があり、その回収率は100%を誇っています。
そしてこれから人を飛ばすまでに100回の打ち上げを計画されているそうです。

気になる気球宇宙旅行の費用は?

宇宙旅行といえばzozotownの前澤友作さんが記憶に新しいですが、その費用はなんと一人50億円と言われています。

それに対して、気球宇宙旅行の費用は一人2400万円だそうです。
50億円よりは現実的ですが、まだ身近ではないですよね。

しかし、10年後には一人100万円にする計画があるそうです。
まだ高いとはいえ「貴重な宇宙遊覧の体験ができるなら」と人気がでそうですね。

天才発明家「岩谷圭介」のこれから

岩谷技研は2023年内に人を宇宙の高さまで送り込むことを計画しており、北海道で人が実際に気球に乗り込み飛行する実験をされています。

まとめ

学生時代の風船を空に飛ばす試みから始まった、気球で宇宙遊覧するという壮大な夢も現実的なところまで来ています。

ロケットの宇宙飛行と違って、気球宇宙旅行にはハードな訓練がなく、また費用も2400万円と宇宙旅行よりは現実的です。

そんな気球宇宙旅行の募集がすでに開始されているそうなので興味がある方はぜひ応募されてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました