ホビット村の村長たぬかなが「弱者男性」を救うのか。「ホビット」や「どんぐり」の意味とは。

配信者

身長170cm以下は人権がない発言でありえないくらい炎上した、格ゲーマー兼配信者のたぬかなさん。

炎上後に知名度があがり注目されると、その歯に衣着せぬ物言いで大変な人気を誇っています。

炎上前の配信では同接数20人~30人(配信の同時接続数)だったのが、今では数千人規模の同接数を誇っています。

本記事では、たぬかなさんの配信に欠かせないワードである「ホビット」「弱者男性」「どんぐり」についてご説明したいと思います。

  • 活動名:たぬかな
  • 生年月日 :1992年 11月21日
  • 身長 : 151cm
  • 出身地:徳島県 徳島市

弱者男性の意味とたぬかなが提示する弱者男性救済の方法

たぬかなさんの配信でたびたび話題にあげる「弱者男性」とは具体的にはどういった男性なのか、また、たぬかなさんが そんな弱者男性を救うべく行っている行動についてみていきます。

たぬかなが定義する弱者男性とは

  • 身長170cm以下
  • 年収300万円以下
  • オートマ限定免許
  • 顔がブス
  • ハゲ
  • 女性とまともに話せない男

たぬかな弱者救済法

・救済法1 「弱者男性限定合コン」

たぬかなさんは弱者男性を救うために、弱者男子限定合コンの開催を計画されています。

これは普段女性と関係をもつチャンスがない弱者男性を救済するためのもので、参加資格は「チビ・デブ・ハゲ」や低収入・手帳持ち などから当てはまるものの総合得点で決めるそうです。

たぬかなさんは「売名目的の女性が多いかもしれないが、トークする機会があればなんとかなるかもしれんから、これで成功したらそれは それでサクセスストーリーやん」とおっしゃっています。

ちなみに相手が決まらなかった男性にはたぬかなさんが悪名高い鶯谷デッドボールをおごってくれるそうです。(笑)

この弱者男性限定合コンは7月24日の配信時点で計画進行中とのことです。

・救済法2 「たぬかなさんの配信」

そもそも、たぬかなさん曰く彼女の配信自体が弱者男性救済になっているというのです。

弱者男性もどこかでお金をつかって楽しみたいだろうから彼女の配信で発散してほしいとのことです。 たぬかなさんは弱者にやさしいですね。

たぬかなさんの配信の「ホビット」ってどういう意味?

170cm以下人権問題で炎上したたぬかなさんですが、なぜかその彼女の配信には170cm以下の身長の男性が大勢集まっています。

たぬかなさんは配信において160cm男性リスナーが、たぬかなホビット村の村民になりたいといった趣旨のコメントをしたことに対して、「私に服従するならそれなりの扱いはする」とおっしゃっています。 こういう女王様系が好きな方が彼女の配信には多いのかもしれません。

そんな彼らを、 たぬかなさんはホビット村の村民「ホビット」と呼称しています。 では、そもそもこの「ホビット」という単語はどういう意味なのでしょうか。

「ホビット」という言葉は映画『ロードオブザリング』において作者が創作した架空の種族名です。 その種族の特徴は、何と言っても背が低いことです。

たぬかなさんがもしホビットたちとキャンプファイヤーをやるなら

これはたぬかなさんがおっしゃっていた仮定のものですが、村民ホビットともしキャンプキャンプファイヤーをやるなら選りすぐりの村民を選んで、彼女の配信でどこがむかついたのか談義するというものです。

ちなみに身長が大きい人はホビットたちが委縮してしまうので、参加NGとのことです。

「どんぐり」とは

結論から言いますと、この「どんぐり」とはたぬかんさんへの投げ銭・上納金です。

たぬかなさんはある配信で、「ほかの配信者のリスナーはイノシシやマンモス級の投げ銭があるのに、なぜホビット村民はどんぐりしか 献上しないのか」と不満を述べていました。

たぬかなさんの話からどんぐりは少額の投げ銭、マンモス級とは数十万クラスと推定します。

まとめ

たぬかなさんは本記事で取り上げた、「弱者男性」「ホビット」「どんぐり」などのように特徴的な話題性のあるキーワードをポンポンと生み出す方なので、また別のキーワードもご紹介できたらと 思っております。 たぬかなホビット村の繁栄を願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました